ネットプリント店ご紹介

 喪中はがきもネットで
 マルチタイプの年賀状!
 写真入り年賀状は自作?
 気軽にフォトブックスクエア
 文字入れして記念写真に
 記念写真を写真台紙で保管
 日本各地のストックフォト
 証明写真はネットで焼増
 幼稚園写真をネット閲覧
 ママ名刺・ペット名刺
 写真をメタルプリント
 マイページでネットプリント
 自分そっくりのフィギュア
 エコー写真の変色
 Macでも注文できるネット店
 お手軽!マイカレンダー


 ネットプリント活用術
 DVDフォトアルバム
 写真を捨てるのは待って
 スクラップブッキング
 画素数とプリントサイズ
 デジカメプリントの画像切れ
 写真データの長期保存
 画面で見た写真の青み

 写真店のみなさまへ
 写真スタジオのみなさまへ

info@pic-up.net


Pic-Up.net
画面で見た写真の青み

デジカメで撮った写真をモニタ画面(ディスプレイ)で見ると、もともとデジカメの持っている色よりも青みが強い写真を見ている可能性があることをご存知でしたか?
レタッチソフトで補正してからプリントに出したのに色が変だったという経験をお持ちの方もいると思いますが、実は「あなたの色補正のせい」だったりするわけです...。

モニタそれでは、なぜモニタで見ると青みが強いのでしょう。それは日本のモニタが高い色温度に設定されているためです。色温度は高いと白い色が青白く(寒色)、低いと白い色が黄赤色(暖色)に感じられます。ケルビンという色温度の単位で表せば、太陽光が5500Kくらい、白熱電球で3200Kくらい、一般家庭の蛍光灯が6500Kくらいということですが、日本ではモニタを9300Kという高い色温度に設定して出荷することが多いのです。
これでは青みが強くてもしかたありませんね。実は目も疲れます。

本来9300Kというのはテレビが白黒だった時代に基準にした色温度で、カラー化に伴い欧米では6500Kを基準にし直しています。なぜ日本では9300Kのままかというと、漢字が潰れにくいからとか、日本人は青白い方を好むからとかいうお話があります。

さらにデジカメメーカーによっては、カメラの出来が悪いのに、デジカメの液晶を画像が実際より良く見えるように色みや明るさを故意に調整しているデジカメもあるということですので困ってしまいます。

ちなみに厳密に写真を評価するプロの現場では、印刷物白色点の基準を印刷物を室内で見たときに一番近い5000〜5550Kとし、室内の照明の色温度もモニタの色も適切に調整して作業しているということです。色調整のことを「キャリブレーション」といいます。

一般家庭では、モニタの色温度を5000Kか6500Kに設定すると蛍光灯の色温度に近い環境ということになりますので、モニタの説明書を参考に調整してみてはいかがでしょうか。
9300Kから切り替えた直後はかなり黄色く見えますが、徐々に目が慣れてきますので心配はいりません。(反対に5000K、6500Kから9300Kに切り替えると、とても青みが強いことがわかると思います。)
そのあと、できるかたはモニタのキャリブレーションもしてみましょう。身近なところでは、Adobe社の Photoshop Elements などに付属する Adobe Gamma というソフトでモニタのキャリブレーションが可能です。

まあ、写真店にプリントを注文する場合は、実際の写真データをそのまま渡しプロに補正をまかせる方が無難、ということですね。

ネット店ご紹介


Copyright © 2004-2008 By Pleasuresky Corp., All Rights Reserved.